ビーチバレーとバレーの違い

ビーチバレーとその特徴

オリンピックの正式種目になるほど、今やビーチバレーは完全に市民権を得たマリンスポーツと言えます。もちろん、プロ選手でなくとも白い砂浜でビーチバレーを楽しんでいる人も多く見受けられます。このビーチバレーですが、通常のバレーボールとはどのような違いがあるのでしょう。

ビーチバレーは元々はサーファー達の波待ちの間の、暇つぶしとして始まりました。それが少しずつ広がりを見せていったのです。また最初の頃は、6人制でしたが、それも徐々に少なくなっていき、今の2人制に落ち着きました。ビーチバレーとバレーボールの違いは、分かりやすいところでは、人数やコートの広さ、ポジションなどがあり、その他にも実はボールの大きさや空気圧なども若干の違いがあるのです。こういった違いは、ビーチバレーをより楽しいものにするために、少しずつやり方を変えてきたということでしょう。

また、戦い方や戦術面でもビーチバレーは独特のものがあります。足場が悪く、飛んだり跳ねたりに自由が利かないため、それに対応した戦い方をしなくてはならないからです。例えば、サーブであれば、わざと高く打ち上げて風の影響を受けやすくすることで、相手に取られにくくします。太陽が真上にあれば、そこを目がけて打つことで、眩しさに目がくらんでボールを見失うように仕向けます。その他にも、トスやレシーブのやり方には独特のコツがあり、これもビーチバレーの醍醐味と言えます。このサイトはこのようなビーチバレーとバレーボールの違いについて説明します。